笹離宮

  • 代表者挨拶
  • イベント
  • 笹ギャラリー
  • 写真で見る笹離宮
  • ご利用案内
  • アクセス

縄文夜話2「笹とどんぐりから見える縄文食の真実」

2015年7月25日(土) 17:00~19:00 

photo_donguri1_1

【第二夜】『笹とどんぐりから見える縄文食の真実』

~豊かな縄文食の世界を支えた笹とどんぐり/どんぐり味噌ほか~

 

会場:笹離宮内窖(あなぐら)「縄文窠(じょうもんか)」 定員20名(要事前申込み)

 

山の幸と海の幸に恵まれ、原始的な農業の芽生えも見え始めた縄文時代。その食卓はこれまで考えられていたものより、はるかに豊かなものだったことが解ってきました。

旧石器時代の終わりから縄文時代の初めころになると,氷河期から温暖な気候へ変わり、落葉広葉樹の森が生まれ木の実を実らせるようになりました。 豊かな森の恵みは人間だけのものではなく,イノシシやシカなどの小型動物にとっても恵となり、縄文人の食卓をにぎわすことになりました。

 

語り部:茅野市尖石考古館前館長 鵜飼幸雄

一般財団法人蓼科笹類植物園理事長 大泉高明

ゲスト:「どんぐり博士」こと平賀国雄氏

団体のお客様 Web予約

よりお楽しみいただけるよう団体 (15名以上) でお越しになるお客様には、事前の予約をお願いしております。

各イベントのお申し込み 営業日カレンダー
Calendar Loading

開園日

笹離宮ポスター 年間のスケジュールなどこちらからご確認いただけます 知ればもっと楽しい 笹離宮ガイドツアー 詳しくはこちら