笹離宮

  • 代表者挨拶
  • イベント
  • 笹ギャラリー
  • 写真で見る笹離宮
  • ご利用案内
  • アクセス

縄文夜話4「笹と縄文文化を通して医療の原点を探る」

2015年9月26日(土) 17:00~19:00

18

【第四夜】『笹と縄文文化を通して医療の原点を探る』

~祈り・シャーマニズムと笹から見える医療の原点と現代医療~

日時:9月26日(土) 17:00~19:00
会場:笹離宮内窖(あなぐら)「縄文窠(じょうもんか)」 定員20名(要事前申込み)
料金:無料(寄付金のみ)

※「ささ(笹酒)」を召し上がる方からは500円頂きます。

 

故大阪大学医学部中川米造によると、洋の東西を問わず医療の原点は祈りにあるという。人類は医療を文化として、科学としてどのように発展させて今日に至ったのだろうか?現代の医療は科学技術の進展に伴って格段の飛躍を見た。しかしそこに様々な問題も潜んでいる。ここでは、「祈り」「シャーマニズム」から見える医療の原点。心身の浄化作用があると信じられてきた竹笹とケガレ思想を通して、縄文の医療をの姿を垣間見行きます。その中で、今あるべき医療の姿を求めて,近代医学の考え方そのものにまで立返りつつ現代医療の課題を明らかにします。そして人間がよりよく生きるために21世紀の医療はどう変るべきなのか。

語り部:茅野市尖石考古館前館長 鵜飼幸雄

一般財団法人蓼科笹類植物園理事長 大泉高明

ゲスト:「ショウガ博士」こと薬学博士田部昌弘氏(大阪家庭薬協会顧問)

団体のお客様 Web予約

よりお楽しみいただけるよう団体 (15名以上) でお越しになるお客様には、事前の予約をお願いしております。

各イベントのお申し込み 営業日カレンダー
Calendar Loading

開園日

笹離宮ポスター 年間のスケジュールなどこちらからご確認いただけます 知ればもっと楽しい 笹離宮ガイドツアー 詳しくはこちら