笹離宮

  • 代表者挨拶
  • イベント
  • 笹ギャラリー
  • 写真で見る笹離宮
  • ご利用案内
  • アクセス

旧暦の七夕祭を笹離宮で

7月26日(金)から毎年恒例、乞巧奠を設えます。

乞巧奠とは―陰暦の七月七日に織女星にあやかり、はた織りや裁縫が上達することを祈った、中国の行事が基になっています。平安時代に日本に伝わると、宮中行事として七夕行事が行われ、様々なものを供えて星をながめ、香をたいて、楽を奏で、詩歌を楽しみました。「乞巧奠」は陰陽五行の宇宙観に基づいた祭りで、五色の彩は五行の元素である木・火・土・金・水を表しています。笹離宮では総笹柄の着物を中心に、左右に陰陽竹(インヨウチク)を配し、五色の糸房、五色の布、笹染の薄衣の飾りで「陰陽五行」の宇宙観を表現します。

この設えの中で、大庭青翔かな書展「女手展~いにしへの恋歌」を開催します。

27日(金)には大庭青翔さんの手ほどきで、かな書のリズムと筆使いをペンで習得し、短冊にしたためるワークショップを開催します。

日本古来からの優美を堪能しにいらしてくださいませ。

 

団体のお客様 Web予約

よりお楽しみいただけるよう団体 (15名以上) でお越しになるお客様には、事前の予約をお願いしております。

各イベントのお申し込み 営業日カレンダー
Calendar Loading

開園日

笹離宮2019年ポスター 年間のスケジュールなどこちらからご確認いただけます 知ればもっと楽しい 笹離宮ガイドツアー 詳しくはこちら