• 運営会社・活動内容
  • クマ笹について
  • 健康情報
  • 文献リスト
  • 笹離宮

クマ笹に関する文献リスト

クマ笹関連参考文献

  1. クマ笹と民間薬
    赤松金芳:和漢薬、p649-650、医歯薬出版、東京, 1970.
  2. クマ笹と染色
    大泉高明:クマ笹抽出液を用いた各種繊維の染色について。富士竹類植物園報告  40:118-127, 1996.
  3. 抗炎症作用
    大泉高明、白崎恭子、田畑貴子、中山貞男、岡崎雅子、坂本浩二:クマザサ抽出液に関する薬理学的研究―抗炎症作用、貧食能に及ぼす影響について―。昭医会誌48:595-600, 1988.
  4. 抗潰瘍、抗ストレス作用
    Ohizumi T, Nakayama S, Oguchi K: Effects of Sea senanensis   rehder extract (SE) on stress or ethanol induced gastric    lesions in rats. Showa Univ J Med Sci  3 : 133-141, 1991.
  5. 抗疲労効果
    田村豊幸、藤井彰、小林寿美:臨床薬理に関する研究(第9報)熊笹葉エキス(LE)の抗疲労効果に関する研究。薬理と治療12:5379-5383, 1984.
  6. 消臭効果
    重野謙次:笹の葉によるいか内臓の悪臭防除効果について。第8回大気汚染研究全国協議会大会講演、横浜市、1967.
  7. 抗菌効果
    グュエン・ヴァン・チュエン、倉田忠男、加藤博通:クマザサの防腐効果について。J.Antibac. Antifung. Agents 11(2):69-75, 1983.
  8. 歯周病治療効果
    佐藤寿祐、土屋昭夫、鴨井久一、他:クマザサ原形質溶液の歯周治療への応用。日歯周誌28:752-757, 1986.
  9. 糖尿病治療効果
    菅野裕子、津田誠、三澤美和、柳浦才三:糖尿病患者におけるクマ笹エキスの効果。Proc. Hoshi Univ. 36:25-38, 1994.

葉緑素関連参考文献

  1. 血液活性化作用
    森下敬一、他:Chlorophyll 誘導体の血液組成因子に及ぼす影響について。(第7報)血液酸素吸収に関する検索。新薬と臨床8(3):267-276, 1958.
  2. 抗アレルギー・抗アナフィラキシー作用
    進藤宙二、他:Chlorophyllin の補体作用阻止効果および抗アナフィラキシー作用について。アレルギー14(9):471-479, 1965.
  3. コレステロール低下作用
    辻啓介、辻悦子、鈴木慎次郎:植物性色素がシロネズミの血清および肝臓コレステロール値に及ぼす影響。栄養学雑誌33:153-159, 1975.
  4. 抗疲労作用
    稲垣克彦:葉緑素について。新薬と臨床2:287-298, 1953.
  5. 消臭作用
    赤塚陽一:鉄クロロフィリンナトリウムの消臭効果。月間フードケミカル11:106-110, 1995.
  6. 肝機能改善作用
    鬼川太刀雄、他:鉄クロロフィル誘導体の肝機能に及ぼす影響について(第一報)色素排泄機能に及ぼす影響。東京医事新誌68(10):21-22, 1951.
  7. 腎機能改善作用
    押部信男、山川宏:腎疾患患者に於けるクロロフィリンの腎機能に及ぼす影響。内科の領域3:504-509, 1955.
  8. 血圧降下作用
    寺田文次郎、田村豊幸:新しいカリウム塩型水溶性葉緑素(Sungreen)に関する薬理学的研究。生体の科学4(5):212-221, 1953.
  9. 皮膚疾患治療効果
    五十嵐良一、佐藤良夫:銅クロロフィリンナトリウムの経口投与による主として皮膚疾患に対する臨床的検討。薬物療法12:891-896, 1979.
  10. 創傷治癒効果
    Bowers, W.F. : Chlorophyll in wound healing and suppurative disease. American J, of Surgery 73 : 37-50, 1947.

クマ笹の抗腫瘍活性に関する文献

  • 笹離宮とは
  • 笹離宮ご利用案内
笹離宮イベント情報